中古カメラとクラシックカメラ情報ページ  

目的のカメラ・レンズを探す

こだわり検索
検索ヘルプ

 
カメラの本はこちらへMJブックス
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊クラカメ探検隊
カメラの修理・メンテ情報ライカリペアークラブ
ムービーカメラ入門MJムービークラブ
カメラの面白い使い方カメラレビュー
大好評メディアジョイカメラグッズMJオリジナル商品
ライカに始まりライカに終わるライカに始まり
 ライカに終わる
トップページ お問い合わせ メディアジョイについて 送料について プレス情報 サイトマップ 採用情報
中古カメラ検索
中古カメラメニュー
>>ご注文方法
>>中古商品の程度について
>>送料について
>>会社案内
>>staff blog
カメラ検索コンテンツ
新着商品《 09/21 入荷》
オートフォーカスカメラ
オートフォーカスレンズ
マニュアルカメラ
マニュアルレンズ
クラシックカメラ
大判カメラ、レンズ
デジタルカメラ
ストロボ
暗室関連
ムービー・映写機
三脚、一脚、雲台など
本・マニュアル・説明書など
MJオリジナル商品
時計・筆記具

メーカー別商品検索

オリンパス
京セラ
キヤノン
コシナ
シグマ
シュナイダー
タムロン
東洋リビング
トキナー
トヨ
ニコン
ハッセルブラッド
フジ
ブロニカ
ペンタックス
ホースマン
ポラロイド
マミヤ
ミノックス
ミノルタ
メディアジョイ
ライカ
ローライ
ロシアカメラ

特集ページ
ハンザ
カンボ
トヨビュー・トヨフィールド
マンフロット
PHOTOFLEX
MS ハッセルSWCスリットフード
LOREO 商品一覧
販売中のフィルム一覧
防湿庫

メールマガジン
MJ制作室
京都ギャラリー
ENGLISH

買う
大判カメラについて
8ミリをテレシネ変換
プリント関連ソフトウェア
ミニチュアギター発売中
クラカメ探検隊
ライカリペアクラブ
ムービークラブ

ライカカメラジャパン
パートナーショップ



メディアジョイスタッフ募集

ベリサイン認証を採用しているので通販も安心です。
本サイトは日本ベリサインより認証を受け、最高水準のセキュリティー技術を利用しております。クレジットカード番号等はSSL暗号化通信によって保護されますので、安心してお買い物を楽しんで頂けます。


ディーラー認定書



佐川急便荷物 問い合わせ




キヤノン
ニコン
オリンパス
リコー
タムロン
TOYO
コニカミノルタ
コシナ
ペンタックス
フジフイルム
Leica AG



【写真7】(写真をクリックすると拡大されます)


■Nikon D800E+AF Nikkor35mmF2D 
【写真7、作例7】
 D800Eがでて、少したってからやっと手に入れ、テスト撮影したときの画像です。大変シャープで、さすが高画素という感じがしました。ただ、このようにシャープな画像が撮影できるのはシャッターを切ったカットすべてでなく、時々という感じでした。いろいろ調べた結果、AFがボディ側駆動のカプラー方式の場合にバラツキが出ることがわかりました。このような問題を防ぐためには、レンズ内駆動のSWM(超音波モーター)式のGタイプレンズを使えばいいということです。その後、ある程度使ってわかったことですが、このカプラー方式のAFレンズの場合にはマニュアルフォーカスで撮影すれば合焦の確度が高くなるような気がしました。
【撮影データ】絞りF5.6・1/800秒、ISO100、AWB、撮影:2012/06/01

【作例7】(写真をクリックすると拡大されます)

 このデータを使って、A3ノビにしたプリントは、描写に緻密感があって、見たほとんどの人がいいレンズだといってくれました。やはり高画素カメラはプリントに効いてくるという感じが正直しました。ただしプリンターは高解像度タイプのプロ用インクジェットプリンターです。



【写真8】(写真をクリックすると拡大されます)

■Nikon D800E+AF-S Nikkor24〜70mmF2.8G ED
【写真8、作例8】
 そこでニコンお奨めのGタイプレンズで撮影してみました。焦点距離は、AFニッコール35mmF2Dとそろえるためにズーム域は35mmに設定しました。
 撮影日時が異なるので、結果は微妙に異なるかも知れませんが、画質的にはモニター上の画素等倍で見る限りは同じ絞り値でも、AFニッコール35mmF2Dのほうが高解像のような感じがします。まったく同じボディを使っていますので、ズームと単焦点レンズの微妙な差かもしれません。もちろんA3ノビのプリントレベルではその差はほとんどわかりません。
【撮影データ】絞りF5.6・1/500秒、ISO100、AWB、撮影:2013/02/05

【作例8】(写真をクリックすると拡大されます)

 ニコンD800/D800EのHPでダウンロードできる「D800/D800Eテクニカルガイド」によると、撮影にあたっては、1)三脚を使用、2)ミラーアップしてライブビューを使用、3)絞りすぎないように、4)高感度ノイズ低減をしないなどが、撮影時の注意点としてあげられています。高画素一眼レフの使い方の難しさを知らされました。



【写真9】(写真をクリックすると拡大されます)

■Canon EOS KissX7+Canon Zoom Lens EF-S18〜55mmF3.5-5.6 IS STM
【写真9、作例9】
 一眼レフが大きく重いといわれ、結果としてミラーレス機の普及が促進したわけですが、キヤノンはミラーレスのキヤノンEOS Mを投入しましたが、もう1つの答えがAPS-C判で1800万画素CMOSを搭載した、小型のEOS Kiss X7を発売したことです。ミラーレスと一眼レフは小型・軽量を別にして、何が一番違うのかということになりますが、ミラーとプリズムがないためにAFの方式が違うのです。一眼レフの基本AF方式は位相差検出方式で、ピント合わせで前ボケ・後ボケが認識できそれだけピント合わせが速いということになります。また、ミラーレスや一眼レフのライブビュー撮影はコントラスト検出が基本で、俗にいう山登り方式であって、行ったりきたりを繰り返し徐々に幅を狭めてピントを合わせるのです。
 標準レンズは非球面を採用した11群13枚構成で、手ブレ補正機構搭載し、35mm判換算で29〜88mm相当をカバーする小型・軽量の標準ズームです。新タイプの6群ズームにより、最大撮影倍率は望遠側で0.36倍の近接ができます。
【撮影データ】絞りF5.6・1/1000秒、ISO100、AWB、撮影:2013/06/15

【作例9】(写真をクリックすると拡大されます)

 撮影結果からすると立派なもので、レンズの解像力も必要十分で1,800万画素をフルに生かした解像度が得られています。同じ焦点距離・F値のEOS M用のズームレンズもありますが、光学系は11群13枚と同じでも、別の光学系となってます。EOS Mの撮影結果と比較しますと、EOS Mのほうは発色が鮮やかだと思われるかもしれませんが、EOS kissX7の撮影が梅雨の合間の晴天のためこのようになりました。レンズやカメラのせいではありません。



(通信販売専門)

営業時間

9:30-18:30

定休日:土日・祝日

お問い合わせ
075-257-5435

※通信販売のみの営業です。

   

メディアジョイトップへ Copyright by1996-2017(C)mediajoy All Rights Reserved.