中古カメラとクラシックカメラ情報ページ  

目的のカメラ・レンズを探す

こだわり検索
検索ヘルプ

 
カメラの本はこちらへMJブックス
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊クラカメ探検隊
カメラの修理・メンテ情報ライカリペアークラブ
ムービーカメラ入門MJムービークラブ
カメラの面白い使い方カメラレビュー
大好評メディアジョイカメラグッズMJオリジナル商品
ライカに始まりライカに終わるライカに始まり
 ライカに終わる
トップページ お問い合わせ メディアジョイについて 送料について プレス情報 サイトマップ 採用情報
中古カメラ検索
中古カメラメニュー
>>ご注文方法
>>中古商品の程度について
>>送料について
>>会社案内
>>staff blog
カメラ検索コンテンツ
新着商品《 02/08 入荷》
オートフォーカスカメラ
オートフォーカスレンズ
マニュアルカメラ
マニュアルレンズ
クラシックカメラ
大判カメラ、レンズ
デジタルカメラ
ストロボ
暗室関連
ムービー・映写機
三脚、一脚、雲台など
本・マニュアル・説明書など
MJオリジナル商品
時計・筆記具

メーカー別商品検索

オリンパス
京セラ
キヤノン
コシナ
シグマ
シュナイダー
タムロン
東洋リビング
トキナー
トヨ
ニコン
ハッセルブラッド
フジ
ブロニカ
ペンタックス
ホースマン
ポラロイド
マミヤ
ミノックス
ミノルタ
メディアジョイ
ライカ
ローライ
ロシアカメラ

特集ページ
ハンザ
カンボ
トヨビュー・トヨフィールド
マンフロット
PHOTOFLEX
MS ハッセルSWCスリットフード
LOREO 商品一覧
販売中のフィルム一覧
防湿庫

メールマガジン
MJ制作室
京都ギャラリー
ENGLISH

買う
大判カメラについて
8ミリをテレシネ変換
プリント関連ソフトウェア
ミニチュアギター発売中
クラカメ探検隊
ライカリペアクラブ
ムービークラブ

ライカカメラジャパン
パートナーショップ



メディアジョイスタッフ募集

ベリサイン認証を採用しているので通販も安心です。
本サイトは日本ベリサインより認証を受け、最高水準のセキュリティー技術を利用しております。クレジットカード番号等はSSL暗号化通信によって保護されますので、安心してお買い物を楽しんで頂けます。


ディーラー認定書



佐川急便荷物 問い合わせ




キヤノン
ニコン
オリンパス
リコー
タムロン
TOYO
コニカミノルタ
コシナ
ペンタックス
フジフイルム
Leica AG
ライカに始まりライカに終わる

市川泰憲(写真技術研究家、日本カメラ博物館)

  市川 泰憲(いちかわ やすのり)
1947年東京生まれ。中学・高校・大学と写真部に所属。1970年東海大学工学部光学工学科卒業。同年写真工業出版社入社、月刊「写真工業」編集長を経て、2009年より日本カメラ博物館に勤務しながら幅広い写真活動を続ける。日本写真協会会員。

■ブログ「写真にこだわる」開設しました
http://d.hatena.ne.jp/ilovephoto/

第三十一回「ペンタックスK-3 IIのリアル・レゾリューション・システム」

【図1】リアル・レゾリューション・システムの原理。(画像をクリックすると大きくして見られます)

 ペンタックスの一眼レフに撮像素子微動方式の手ブレ補正機構SR(シェイクリダクション)が組み込まれたのは、2006年の「K100D」が最初でした。続いて同年にはSR技術を応用してホコリ取りのダストリダクション機能を搭載したK10D、2013年には光学ローパスフィルター効果を強弱2段階とOFFを選択できる「K-3」を発売してきました。いずれもSR機構の応用とされていますが、今回2015年5月に発売の「K-3 II」では、SR技術をさらに進化させて、撮像板を1画素ずつ動かし、4枚の画像を連続で撮影し、2400万画素×RGBの色情報から1枚の超高精細画像を生成するというのです。ペンタックスではこの技術を“リアル・レゾリューション・システム”と、名付けたのです。
 その原理を【図1】に示しましたが、フィルターと撮像素子はオンチップなので、1つの座標に対してRGBGの情報を4回露光し、後から本来の番地データごとに色情報を合成します。この結果、撮影後の画像データは解像力と色再現性が向上し、静止物の撮影時に高精細な画像データが得られるのです。さらに理論的にはモアレや偽色も発生しなく、撮影時には電子シャッターを採用してカメラブレを抑えているというのです。
 このあたりの動作原理は、何となく概念は理解できても、正確には僕の理解能力を超えてなかなか把握しにくいものがあります。そしてこのペンタックスK-3 II は、1ショットで4枚撮影して超高精細画像を得るということですが、オリンパスが2月下旬に発売した『オリンパスOM-D E-M5 MarkII』は、1ショットでセンサーを微動させながら8回撮影して、1600万画素の撮像素子から4000万画素相当の画像データを得る「40Mハイレゾショット」と一見するとかなり類似していると思うのです。
 この微動といっても、ペンタックスは1画素ピッチで4ショット、オリンパスは1画素のなかで8ショットと異なります。決定的な違いはペンタックスの超高精細画像は処理後の画素数は2400万画素と変わらずそのままであることで、オリンパスは、1600万画素が4000万画素へと増大することが大きな違いです。このあたりは開発思想の違いと考えられます。

●リアル・レゾリューション・システムの効果を見る

【写真1】 今回の使用機材、ペンタックスK-3 IIとHDペンタックスDA35mmF2.8マクロLimited、HDペンタックスDA15mmF4ED AL Limitedレンズ。(画像をクリックすると大きくして見られます)

【写真2】三脚を使いライブビューモードでリモコン撮影。(画像をクリックすると大きくして見られます)


 撮影にあたっては、HDペンタックスDA35mmF2.8マクロLimited、HDペンタックスDA15mmF4ED AL Limitedの2本のレンズ【写真1】を用意しました。ペンタックスK-3 IIの撮像板はAPS-Cなので、35mmF2.8マクロはフルサイズ換算52.5mm相当の画角に、15mmF4は22.5mm相当の画角になります。この2本をどのように使い分けるか考えましたが、結局チャート的な撮影は35mmF2.8マクロで、ランダムな実写は15mmF4広角でとしました。
 今回の「リアル・レゾリューション・システム」での撮影は、三脚使用、リモコン使用が必要条件として示されています【写真2】。もちろんそれに準ずる環境ならいいのでしょうが、いずれにしてもシビアな撮影法が要求されるのです。
 まずは、いつものように英国大使館の正面玄関をねらってみました。ピントは、どちらも建物中央上部の紋章に合わせました。


【作例1:通常撮影】HDペンタックスDA 35mmF2.8マクロLimited、絞り優先AE、絞りF5.6・1/500秒、ISO100、AWB、ローパスセレクター:OFF、三脚使用。(画像をクリックすると、画素等倍にして見られます)

【作例2:リアル・レゾリューション撮影】HDペンタックスDA 35mmF2.8マクロLimited、絞り優先AE、絞りF5.6・1/500秒、ISO100、AWB、三脚使用。(画像をクリックすると、画素等倍にして見られます)

【作例1:通常撮影】HDペンタックスDA 35mmF2.8マクロLimited、絞り優先AE、絞りF5.6・1/500秒、ISO100、AWB、ローパスセレクター:OFF、三脚使用。
 11コマ撮影したなかの最も良く見える1コマです。実際は各コマともほとんど同じです。2013年にペンタックスK-3を使って同じ場面で、同じ絞り値F5.6で撮影していますが、この時の画像よりよくなっているような気がします。もっともその時と季節が違い、同じ晴天でも晴明感が異なることなどもありますが、画像処理エンジンが進歩したのかも知れません。

【作例2:リアル・レゾリューション撮影】HDペンタックスDA 35mmF2.8マクロLimited、絞り優先AE、絞りF5.6・1/500秒、ISO100、AWB、三脚使用。
 19コマ撮影したなかの1枚です。通常撮影では11コマ撮影して、その結果はほとんど同じでしたが、リアル・レゾリューション撮影ではまったく違うのです。いつもフォーカスポイントの紋章の再現性を見て、最良なカットを選んでいるのですが、一部のリアル・レゾリューション撮影では紋章や屋根の傾斜の部分が、モアレのようなジャギーが発生しているのです。どうやら、風や地面の振動などによりわずかでもカメラブレがあるとこのような現象が現れるようです。結局、紋章と屋根の傾斜部分にモアレの発生していないカットを選んだのですが、かなり繊細な撮影条件が要求されることがわかりました。ただし、紋章とその壁面を通常撮影と比較してみると明らかに画質が向上していることがわかります。これがリアル・レゾリューション・システムの成果だと判断できます。
 そして画面左中央、避雷針の周辺の樹木を見てください。樹木の葉が網の目のようにモアレ状に見えるのがわかります。やはり、マルチショットであるために、露光中に葉がざわつくとこのような現象が発生するのでしょうが、リアル・レゾリューション・システムは、建築物等不動の被写体には使えますが、草や樹木を写しこむ風景写真には使えないことがわかります。一部にそれも表現としておもしろいという声が聞こえてきそうですが、これはまったく別のことです。



(通信販売専門)

営業時間

9:30-18:30

定休日:土日・祝日

お問い合わせ
075-257-5435

※通信販売のみの営業です。

   

メディアジョイトップへ Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.