中古カメラとクラシックカメラ情報ページ  

目的のカメラ・レンズを探す

こだわり検索
検索ヘルプ

 
カメラの本はこちらへMJブックス
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊クラカメ探検隊
カメラの修理・メンテ情報ライカリペアークラブ
ムービーカメラ入門MJムービークラブ
カメラの面白い使い方カメラレビュー
大好評メディアジョイカメラグッズMJオリジナル商品
ライカに始まりライカに終わるライカに始まり
 ライカに終わる
トップページ お問い合わせ メディアジョイについて 送料について プレス情報 サイトマップ 採用情報
中古カメラ検索
中古カメラメニュー
>>ご注文方法
>>中古商品の程度について
>>送料について
>>会社案内
>>staff blog
カメラ検索コンテンツ
新着商品《 09/07 入荷》
オートフォーカスカメラ
オートフォーカスレンズ
マニュアルカメラ
マニュアルレンズ
クラシックカメラ
大判カメラ、レンズ
デジタルカメラ
ストロボ
暗室関連
ムービー・映写機
三脚、一脚、雲台など
本・マニュアル・説明書など
MJオリジナル商品
時計・筆記具

メーカー別商品検索

オリンパス
京セラ
キヤノン
コシナ
シグマ
シュナイダー
タムロン
東洋リビング
トキナー
トヨ
ニコン
ハッセルブラッド
フジ
ブロニカ
ペンタックス
ホースマン
ポラロイド
マミヤ
ミノックス
ミノルタ
メディアジョイ
ライカ
ローライ
ロシアカメラ

特集ページ
ハンザ
カンボ
トヨビュー・トヨフィールド
マンフロット
PHOTOFLEX
MS ハッセルSWCスリットフード
LOREO 商品一覧
販売中のフィルム一覧
防湿庫

メールマガジン
MJ制作室
京都ギャラリー
ENGLISH

買う
大判カメラについて
8ミリをテレシネ変換
プリント関連ソフトウェア
ミニチュアギター発売中
クラカメ探検隊
ライカリペアクラブ
ムービークラブ

ライカカメラジャパン
パートナーショップ



メディアジョイスタッフ募集

ベリサイン認証を採用しているので通販も安心です。
本サイトは日本ベリサインより認証を受け、最高水準のセキュリティー技術を利用しております。クレジットカード番号等はSSL暗号化通信によって保護されますので、安心してお買い物を楽しんで頂けます。


ディーラー認定書



佐川急便荷物 問い合わせ




キヤノン
ニコン
オリンパス
リコー
タムロン
TOYO
コニカミノルタ
コシナ
ペンタックス
フジフイルム
Leica AG
●写してみたら
 さて、実際どのくらいの写りを示すのだろうか。F0.95レンズならではの開放描写を中心にその結果をお知らせしよう。このレンズが発表され、発売されたときはライカM8、APS-Hの時期であり、画面サイズが小さかった。つまり50mmであっても、M8では66.5mmの焦点距離相当の画角でF0.95を楽しまなくてはならなかった。しかし、わずかな時間の差でM9が発売され、フルサイズ・ライカ判での撮影が可能となった。この違いは大きいと思う。画面周辺をカットしたM8のAPS-Hサイズでは、十分にレンズ性能を見ることはできなかったのだ。

【ポートレイト】ライカM9、絞り優先AE(F0.95)・1/707.2秒、撮影距離1m、AWB、ISOオート
〔画像をクリックすると拡大して見ることができます〕
【ポートレイト】 撮影距離1m、絞りF0.95開放での描写である。ライカカメラ社のテクニカルデータによると、この絞りF0.95開放のときの焦点深度は20mmである。これを許容錯乱円を0.026mmとして自分で計算してみると、前側焦点深度9.3mm、後方焦点深度9.5mm、合計深度18.8mmとなる。この違いは許容錯乱円の取り方か、数値の丸め方によって異なるが、ほぼ同じと見てもいいだろう。したがって、鼻の先端にピントを合わせると、顔の表面、目にはピントはこないぐらいの微妙な深度となる。
  写った結果もかなりそれに近いものがある。撮影時は、目のマツゲに合わせたつもりだが、必要十分なピント精度はでている。そしてわずかな厚み(深度)を持った合焦部はかなりシャープで、階調、色乗りともいい。一部にF0.95はピントが合わないということを聞くが、少なくともM9とノクチルックスM50mmF0.95ASPH.の関係では、だいたいねらった通りにピントはくる。ディストーションは画面左の柱の線からすると、わずかなマイナス(樽型)の歪曲を感じるが、たぶん前のタイプよりは少ないのだろう。画面、左上にはアサヒビールのポスターが貼られているが、それと知って見れば解読できるが、ここまで大きくぼけるとわかりにくい。さらに画面右下には、わずか背後にあるアウトフォーカスした人形の衣服のメタル状の飾りが輝いており、その部分を大きく拡大するとコマの発生が読みとれる。コマ収差の発生は点光源が軸外にあったとき、大口径ガウスタイプならではのもので、開放絞りでは避けがたいものとして存在するが、1〜2絞りほど絞り込めばまったく消え去ってしまうというのが一般的である。総じて、ボケ具合は癖はないが、ふだんコンパクトデジタルカメラを使っているような方にとっては、驚くような大きなボケ描写だろう。


(通信販売専門)

営業時間

9:30-18:30

定休日:土日・祝日

お問い合わせ
075-257-5435

※通信販売のみの営業です。

   

メディアジョイトップへ Copyright by1996-2017(C)mediajoy All Rights Reserved.