中古カメラとクラシックカメラ情報ページ  

目的のカメラ・レンズを探す

こだわり検索
検索ヘルプ

 
カメラの本はこちらへMJブックス
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊クラカメ探検隊
カメラの修理・メンテ情報ライカリペアークラブ
ムービーカメラ入門MJムービークラブ
カメラの面白い使い方カメラレビュー
大好評メディアジョイカメラグッズMJオリジナル商品
ライカに始まりライカに終わるライカに始まり
 ライカに終わる
トップページ お問い合わせ メディアジョイについて 送料について プレス情報 サイトマップ 採用情報
中古カメラ検索
中古カメラメニュー
>>ご注文方法
>>中古商品の程度について
>>送料について
>>会社案内
>>staff blog
カメラ検索コンテンツ
新着商品《 11/11 入荷》
オートフォーカスカメラ
オートフォーカスレンズ
マニュアルカメラ
マニュアルレンズ
クラシックカメラ
大判カメラ、レンズ
デジタルカメラ
ストロボ
暗室関連
ムービー・映写機
三脚、一脚、雲台など
本・マニュアル・説明書など
MJオリジナル商品
時計・筆記具

メーカー別商品検索

オリンパス
京セラ
キヤノン
コシナ
シグマ
シュナイダー
タムロン
東洋リビング
トキナー
トヨ
ニコン
ハッセルブラッド
フジ
ブロニカ
ペンタックス
ホースマン
ポラロイド
マミヤ
ミノックス
ミノルタ
メディアジョイ
ライカ
ローライ
ロシアカメラ

特集ページ
ハンザ
カンボ
トヨビュー・トヨフィールド
マンフロット
PHOTOFLEX
MS ハッセルSWCスリットフード
LOREO 商品一覧
販売中のフィルム一覧
防湿庫

メールマガジン
MJ制作室
京都ギャラリー
ENGLISH

買う
大判カメラについて
8ミリをテレシネ変換
プリント関連ソフトウェア
ミニチュアギター発売中
クラカメ探検隊
ライカリペアクラブ
ムービークラブ

ライカカメラジャパン
パートナーショップ



メディアジョイスタッフ募集

ベリサイン認証を採用しているので通販も安心です。
本サイトは日本ベリサインより認証を受け、最高水準のセキュリティー技術を利用しております。クレジットカード番号等はSSL暗号化通信によって保護されますので、安心してお買い物を楽しんで頂けます。


ディーラー認定書



佐川急便荷物 問い合わせ




キヤノン
ニコン
オリンパス
リコー
タムロン
TOYO
コニカミノルタ
コシナ
ペンタックス
フジフイルム
Leica AG

【写真4】縦位置グリップを取り付けると堂々とフラッグシップ機らしくなります(画像をクリックすると拡大して見ることができます)


【写真5】作例には示しませんでしたが、バッターが球をバットにあてた瞬間、ジャンプして飛び上がったところなどを簡単に撮れるサムスンオートショットのメニュー画面。日本語のフォントもきれいです(画像をクリックすると拡大して見ることができます)

■大きな時代の流れのなかで
 しかしなぜサムスンのカメラをこの時期使ってみたのかと思われるでしょうが、NX1はカメラ製造から撤退した、サムスンのフラッグシップ機【写真4】であったからです。しかも発表時はAPS-C判の裏面照射タイプCMOSとして初のものでした。この裏面照射タイプの撮像素子を最初に搭載したのは2009年発売の「ソニーサイバーショットDSC-WX1」で、2.4型1,020万画素、従来の表面照射タイプの約2倍の感度が得られるというものでした。裏面照射タイプはもともと小型の撮像素子に向く技術とされていましたが、ソニーでは2013年6月に大型化した裏面照射タイプCMOSの1型2,020万画素を「サイバーショットDSC-RX100 II」に採用しています。そして2014年11月にAPS-C判で2,820万画素裏面照射タイプCMOSを搭載した「サムスンNX1」が発表されたのです。ところが2015年8月にはソニーがフルサイズで4,240万画素裏面照射タイプCMOS撮像素子搭載の「α7R Mark II」を発売したのです。サムスンの裏面照射タイプの大型CMOSセンサー搭載は、日本国内で発売されなかったことも手伝って話題には上りませんでした。サムスンNX1の最高感度はISO 51200(画素ピッチ3.6μm)でしたが、ソニーα7RIIの最高感度はISO 25600(増感で102400、画素ピッチ4.5μm)ということでしたので、裏面照射タイプは高感度に強いと一気に人気が高まったのです。ところが2016年4月に発売されたペンタックスK-1ではフルサイズ3,640万画素(画素ピッチ4.87μm)で、裏面照射タイプでなくても最高感度ISO 204800相当を達成しているのです。これは、やはり同じ時期に発売されたフルサイズで2,082万画素(画素ピッチ6.4μm)と低画素タイプのニコンD5がISO 328万相当を達成していますので、各社の技術開発競争が日進月歩であることを示す何物でもないと思うわけです。
 ちなみにソニーα7RIIの裏面照射タイプCMOSの特徴として、マウントアダプターを使用してライカレンズの広角で周辺光量の低下、色付きなどが大幅に改善される特徴がありましたが、NX1(フランジバック25.5mm)はフルサイズより小さいAPS-C判ですし、マウントアダプターがなかったので、この辺りは確認できませんでした。
 サムソンがカメラ分野に参入したのはフィルムカメラの時代で1990年ごろです。最盛期にはドイツのローライ、日本のユニオン光学を傘下にして、日本市場でカメラを販売した時期もありましたが、ほどなく撤退していました。その後デジタルカメラの時代になると、コンパクトカメラの分野で生産規模は世界第3位とまでいわれるほどになりましたが、結局、コンパクトデジタルカメラの衰退に伴って、最終的にはカメラ事業そのものから撤退ということになりました。
 このことは、何を意味するのでしょうか。過不足ない最新技術を搭載したカメラであっても、レンズ交換式の高級カメラ分野においてはビジネスとして成立しなかったのです。またデジタルカメラは撮像素子を手がけていることが企業の生き残りの条件とまで一時期はいわれましたが、他社の例を見るまでもなく、やはりそうでもないようですし、成熟したカメラ産業において高級機はブランド力も大事なことを再認識したわけです。そしてサムスンという企業総体の中にあっては、カメラのもつポジションは微々たるものでしかなかったのではないでしょうか。しかし、ここまで高めてきたカメラ技術を撤退によって失うことを何よりも残念に思うのはサムスンのエンジニアたちではないかと思うのです。日本のカメラ製造を手本にして、追いつき、追い越せとばかりにやってきたのでしょうが、カメラという産業構造そのものが、大きな時代の流れの中で変化してきたことによるひとつの結果であると思うのです。
(2016.07)


(通信販売専門)

営業時間

9:30-18:30

定休日:土日・祝日

お問い合わせ
075-257-5435

※通信販売のみの営業です。

   

メディアジョイトップへ Copyright by1996-2017(C)mediajoy All Rights Reserved.