中古カメラとクラシックカメラ情報ページ  

目的のカメラ・レンズを探す

こだわり検索
検索ヘルプ

 
カメラの本はこちらへMJブックス
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊クラカメ探検隊
カメラの修理・メンテ情報ライカリペアークラブ
ムービーカメラ入門MJムービークラブ
カメラの面白い使い方カメラレビュー
大好評メディアジョイカメラグッズMJオリジナル商品
ライカに始まりライカに終わるライカに始まり
 ライカに終わる
トップページ お問い合わせ メディアジョイについて 送料について プレス情報 サイトマップ 採用情報
中古カメラ検索
中古カメラメニュー
>>ご注文方法
>>中古商品の程度について
>>送料について
>>会社案内
>>staff blog
カメラ検索コンテンツ
新着商品《 06/27 入荷》
オートフォーカスカメラ
オートフォーカスレンズ
マニュアルカメラ
マニュアルレンズ
クラシックカメラ
大判カメラ、レンズ
デジタルカメラ
ストロボ
暗室関連
ムービー・映写機
三脚、一脚、雲台など
本・マニュアル・説明書など
MJオリジナル商品
時計・筆記具

メーカー別商品検索

オリンパス
京セラ
キヤノン
コシナ
シグマ
シュナイダー
タムロン
東洋リビング
トキナー
トヨ
ニコン
ハッセルブラッド
フジ
ブロニカ
ペンタックス
ホースマン
ポラロイド
マミヤ
ミノックス
ミノルタ
メディアジョイ
ライカ
ローライ
ロシアカメラ

特集ページ
ハンザ
カンボ
トヨビュー・トヨフィールド
マンフロット
PHOTOFLEX
MS ハッセルSWCスリットフード
LOREO 商品一覧
販売中のフィルム一覧
防湿庫

メールマガジン
MJ制作室
京都ギャラリー
ENGLISH

買う
大判カメラについて
8ミリをテレシネ変換
プリント関連ソフトウェア
ミニチュアギター発売中
クラカメ探検隊
ライカリペアクラブ
ムービークラブ

ライカカメラジャパン
パートナーショップ



メディアジョイスタッフ募集

ベリサイン認証を採用しているので通販も安心です。
本サイトは日本ベリサインより認証を受け、最高水準のセキュリティー技術を利用しております。クレジットカード番号等はSSL暗号化通信によって保護されますので、安心してお買い物を楽しんで頂けます。


ディーラー認定書



佐川急便荷物 問い合わせ




キヤノン
ニコン
オリンパス
リコー
タムロン
TOYO
コニカミノルタ
コシナ
ペンタックス
フジフイルム
Leica AG
 以下、比較作例をいくつか撮影しましたので、ご覧下さい。

【作例1:ズノー50mmF1.8】絞りF4・1/60秒、ISO200、AWB(画像をクリックすると画素等倍にして見ることができます)

【作例2:ニッコール50mmF1.8】絞りF4・1/60秒、ISO200、AWB(画像をクリックすると画素等倍にして見ることができます)


【作例1:ズノー50mmF1.8】絞りF4・1/60秒、ISO200、AWB
【作例2:ニッコール50mmF1.8】絞りF4・1/60秒、ISO200、AWB
 どちらも同じ場所で、モデルさんのポーズも同じで、素早くレンズを交換して、同じアングルから撮影してみましたが、わずかな時間差とアングルの微妙な変化で光のあたり方が変わってしまったようです。結果、露出が少し異なってしまいました。一見すると、ズノーのほうがマゼンタ味が強いような気もしますが、アンダー気味に露出された結果だろうと思うのです。手持ち撮影なので、わずかにブレを感じさせます。やはり三脚で構えてしっかり撮影することが大切だと思った次第です。

【作例3:ズノー50mmF1.8】絞り開放F1.8・1/45秒、−0.7EV補正、ISO200、AWB(画像をクリックすると画素等倍にして見ることができます)

【作例4:ニッコール50mmF1.8】絞り開放F1.8・1/60秒、−0.7EV補正、ISO200、AWB(画像をクリックすると画素等倍にして見ることができます)


【作例3:ズノー50mmF1.8】絞り開放F1.8・1/45秒、−0.7EV補正、ISO200、AWB
【作例4:ニッコール50mmF1.8】絞り開放F1.8・1/60秒、−0.7EV補正、ISO200、AWB
 どちらのレンズも最短撮影距離は約45cmなので、三脚を立て、カメラを固定して、絞り開放F1.8で、模造のクリ、カキ、背景にモミジを配して撮影してみました。やはり比較してみて初めていえることなのですが、明らかにニッコールのほうがシャープでその範囲も広いように見えます。この場面どちらも同じ設定で、絞り値をF4にしての比較も行いましたが、深度が深くなりズノーもシャープになるので、ますますその差はわかりにくくなりました。

【作例5:ズノー50mmF1.8】絞り開放F1.8・1/3000秒、−0.3EV補正、ISO200、AWB(画像をクリックすると画素等倍にして見ることができます)

【作例6:ニッコール50mmF1.8】絞り開放F1.8・1/4000秒、−0.3EV補正、ISO200、AWB(画像をクリックすると画素等倍にして見ることができます)


【作例5:ズノー50mmF1.8】絞り開放F1.8・1/3000秒、−0.3EV補正、ISO200、AWB
【作例6:ニッコール50mmF1.8】絞り開放F1.8・1/4000秒、−0.3EV補正、ISO200、AWB
 これならば差がでるだろうと、銅像を絞り開放F1.8で撮影し、背後には樹木の葉がアウトフォーカスで入るように設定しました。やはりここで見えてきたことは、ズノーの開放絞り描写は甘く、ニッコールはシャープだということです。背景の樹木のボケのくせ具合から、何か違いをと子細に観察しましたが、やはりほとんど同傾向で、ここから描写の癖を読み取るのもむりなことです。

【作例7:ズノー50mmF1.8】絞りF8・1/250秒、−0.3EV補正、ISO200、AWB(画像をクリックすると画素等倍にして見ることができます)

【作例8:ニッコール50mmF1.8】絞りF8・1/250秒、−0.3EV補正、ISO200、AWB(画像をクリックすると画素等倍にして見ることができます)


【作例7:ズノー50mmF1.8】絞りF8・1/250秒、−0.3EV補正、ISO200、AWB
【作例8:ニッコール50mmF1.8】絞りF8・1/250秒、−0.3EV補正、ISO200、AWB
 思い切ってF8まで絞ってみました。みごとズノーもシャープになり、ニッコールとズノーの描写の差はますますわからなくなりました。画素等倍に拡大して、アウトフォーカス部分のボケを見比べてみると多少の強弱などがありますが、みごと同じなのです。

【作例9:ズノー50mmF1.8】絞り開放F1.8・1/750秒、ISO200、AWB(画像をクリックすると画素等倍にして見ることができます)

【作例10:ニッコール50mmF1.8】絞り開放F1.8・1/500秒、ISO200、AWB


【作例9:ズノー50mmF1.8】絞り開放F1.8・1/750秒、ISO200、AWB
【作例10:ニッコール50mmF1.8】絞り開放F1.8・1/500秒、ISO200、AWB
 そこでまったく別の状況を作り出して比較したのが作例9と作例10です。フルートを吹くモデルさんの背後に太陽がある状況で、それも絞り開放での撮影となったのです。結果は、どうでしょう。明らかにズノーのほうがフレアが多いのです。これはズノーの登場した1958年ごろと、ニッコールが製造された時代では、約25年近い経時があるのですが、この間レンズ技術で大きな変化がありました。1970年代にほとんどの写真用レンズは各社各様の技術でマルチコーティング化されたのです。当初は、マルチコーティングが施されていることをレンズ名称に組み入れるようなことをした時期もありましたが、1980年代になるとマルチコーティングはあたりまえとなり、ニッコール50mmF1.8にはそのような表記はないのです。だいぶ前置きが長くなりましたが、コーティングの違いがフレアの多少につながったと考えるわけです。また、構造的にはズノーの第1面レンズは鏡胴のかなり奥のほうにあり、ニッコールは薄型指向の設計で第1面はずばり表に出ているのです。つまりズノーのほうは常にフードが被ったような状態で撮影ができるのです。この点からすると、ズノーのほうが有利なのですが、少なくとも逆光の場面では効果がなかったようです。したがってフレア発生の大小は単層とマルチコーティングの差だと判断したわけです。
 それだけでは面白くありませんので、何か違いはないだろうかと、画素等倍まで拡大してみたところ、意外なことを見つけることができたのです。まず、逆光に輝くモデルさんの髪の毛、それも合焦したところを見ると、ズノーの描写もかなりシャープなのです。さらによく見るとフルートに刻まれている文字もシャープにしっかりと読めるのです。撮影倍率にもよるのでしょうが、これは意外な結果でした。もちろんニッコールもしっかりと髪の毛とフルートの文字を描写しているのですが、ズノーよりコントラストが高いのです。これも単層コーティングとマルチコーティングの結果からの差だと思うのです。いずれにしても、シャープさがないと思っていたズノーが、意外とシャープな描写を見せたのですから驚きでした。ただ、どちらのレンズもフレアがかった画面の中でも微細な部分がシャープに見えたわけですから、どちらも描写傾向は同じということは、他のシーンと大きな違いはありません。


(通信販売専門)

営業時間

9:30-18:30

定休日:土日・祝日

お問い合わせ
075-257-5435

※通信販売のみの営業です。

   

メディアジョイトップへ Copyright by1996-2017(C)mediajoy All Rights Reserved.