中古カメラとクラシックカメラ情報ページ  

目的のカメラ・レンズを探す

こだわり検索
検索ヘルプ

 
カメラの本はこちらへMJブックス
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊クラカメ探検隊
カメラの修理・メンテ情報ライカリペアークラブ
ムービーカメラ入門MJムービークラブ
カメラの面白い使い方カメラレビュー
大好評メディアジョイカメラグッズMJオリジナル商品
ライカに始まりライカに終わるライカに始まり
 ライカに終わる
トップページ お問い合わせ メディアジョイについて 送料について プレス情報 サイトマップ 採用情報
中古カメラ検索
中古カメラメニュー
>>ご注文方法
>>中古商品の程度について
>>送料について
>>会社案内
>>staff blog
カメラ検索コンテンツ
新着商品《 09/07 入荷》
オートフォーカスカメラ
オートフォーカスレンズ
マニュアルカメラ
マニュアルレンズ
クラシックカメラ
大判カメラ、レンズ
デジタルカメラ
ストロボ
暗室関連
ムービー・映写機
三脚、一脚、雲台など
本・マニュアル・説明書など
MJオリジナル商品
時計・筆記具

メーカー別商品検索

オリンパス
京セラ
キヤノン
コシナ
シグマ
シュナイダー
タムロン
東洋リビング
トキナー
トヨ
ニコン
ハッセルブラッド
フジ
ブロニカ
ペンタックス
ホースマン
ポラロイド
マミヤ
ミノックス
ミノルタ
メディアジョイ
ライカ
ローライ
ロシアカメラ

特集ページ
ハンザ
カンボ
トヨビュー・トヨフィールド
マンフロット
PHOTOFLEX
MS ハッセルSWCスリットフード
LOREO 商品一覧
販売中のフィルム一覧
防湿庫

メールマガジン
MJ制作室
京都ギャラリー
ENGLISH

買う
大判カメラについて
8ミリをテレシネ変換
プリント関連ソフトウェア
ミニチュアギター発売中
クラカメ探検隊
ライカリペアクラブ
ムービークラブ

ライカカメラジャパン
パートナーショップ



メディアジョイスタッフ募集

ベリサイン認証を採用しているので通販も安心です。
本サイトは日本ベリサインより認証を受け、最高水準のセキュリティー技術を利用しております。クレジットカード番号等はSSL暗号化通信によって保護されますので、安心してお買い物を楽しんで頂けます。


ディーラー認定書



佐川急便荷物 問い合わせ




キヤノン
ニコン
オリンパス
リコー
タムロン
TOYO
コニカミノルタ
コシナ
ペンタックス
フジフイルム
Leica AG
ライカに始まりライカに終わる

市川泰憲(写真技術研究家、日本カメラ博物館)

  市川 泰憲(いちかわ やすのり)
1947年東京生まれ。中学・高校・大学と写真部に所属。1970年東海大学工学部光学工学科卒業。同年写真工業出版社入社、月刊「写真工業」編集長を経て、2009年より日本カメラ博物館に勤務しながら幅広い写真活動を続ける。日本写真協会会員。

■ブログ「写真にこだわる」開設しました
http://d.hatena.ne.jp/ilovephoto/

第一回「やっぱりライカはフルサイズ」
ライカM8とM9
  待望の「ライカM9」が2009年10月に発売された。M8の発売が2006年末だから3年ぶりのニューモデルとなる。この間、M8.2が発売されているが、ネーミングが示すように大きな改良ではなかった。
  さて待望の「ライカM9」と書いたが、何が待望であったかというと画面サイズ(撮像素子)がM8のAPS-H判(18×27 mm)から、24×36mmフルサイズのライカ判になったことだ。これはライカの広角系を好む僕にとっては朗報である。たとえば焦点距離21mmのレンズを持っていたとすると、APS-H判のM8で使用すると、1.33倍をかける必要があり、焦点距離28mm相当の画角になってしまう。同じように24mmなら32mm相当にというわけだ。ところがM9は、フルサイズなので21mmは21mmとして使えるわけで、こんなにうれしいことはない。

●M9とスーパーアンギュロン21mmF4
僕のお気に入り。スーパーアンギュロン21mmF4の
なだらかな周辺減光
(“窓の向こうに”より、M6TTL、RDP掘
  M9がやってきたらまず試してみたかったのが、僕の所有するスーパーアンギュロン21mmF4がどのような写り具合をするだろうかということだった。このレンズの発売は、いまから50年以上も前の1958年で、いわゆる対称型の4群9枚構成。この対称型レンズは、ボディに装着した状態ではきわめて薄型だが、レンズ単体でみると2倍以上の長さがある。つまりレンズ全長の半分以上はボディの中に隠れてしまうのだ。したがって一眼レフのようにボディ暗箱の中にミラーがあるタイプには対称型レンズは採用されていない。
 早速、M9ボディに取り付けてシャッターを切ると、あれっとびっくりした。画面周辺が赤く発色しているのだ。さて、これはどうしたものだろうかと困ってしまった。M8では周辺光量は低下しても、赤く色づくことはなかった。
  そもそも僕がスーパーアンギュロン21mmF4をお気に入りのわけは、シャープで、歪曲収差がまったくなく、さらにこの周辺光量落ちの具合がなんともいえないのが魅力だ。特に超広角では、中央に主要被写体を置くことが多いが、その被写体を際立たせる効果がある。周辺光量が低下している画像といっても、その度合いによって微妙に効いてくる。極端に黒く落ち込むとつまらないし、なだらかに徐々に落ちていく、この減少加減が絶妙なのがスーパーアンギュロン21mmF4だ。


(通信販売専門)

営業時間

9:30-18:30

定休日:土日・祝日

お問い合わせ
075-257-5435

※通信販売のみの営業です。

   

メディアジョイトップへ Copyright by1996-2017(C)mediajoy All Rights Reserved.