中古カメラとクラシックカメラ情報ページ  

目的のカメラ・レンズを探す

こだわり検索
検索ヘルプ

 
カメラの本はこちらへMJブックス
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊クラカメ探検隊
カメラの修理・メンテ情報ライカリペアークラブ
ムービーカメラ入門MJムービークラブ
カメラの面白い使い方カメラレビュー
大好評メディアジョイカメラグッズMJオリジナル商品
ライカに始まりライカに終わるライカに始まり
 ライカに終わる
トップページ お問い合わせ メディアジョイについて 送料について プレス情報 サイトマップ 採用情報
中古カメラ検索
中古カメラメニュー
>>ご注文方法
>>中古商品の程度について
>>送料について
>>会社案内
>>staff blog
カメラ検索コンテンツ
新着商品《 04/06 入荷》
オートフォーカスカメラ
オートフォーカスレンズ
マニュアルカメラ
マニュアルレンズ
クラシックカメラ
大判カメラ、レンズ
デジタルカメラ
ストロボ
暗室関連
ムービー・映写機
三脚、一脚、雲台など
本・マニュアル・説明書など
MJオリジナル商品
時計・筆記具

メーカー別商品検索

オリンパス
京セラ
キヤノン
コシナ
シグマ
シュナイダー
タムロン
東洋リビング
トキナー
トヨ
ニコン
ハッセルブラッド
フジ
ブロニカ
ペンタックス
ホースマン
ポラロイド
マミヤ
ミノックス
ミノルタ
メディアジョイ
ライカ
ローライ
ロシアカメラ

特集ページ
ハンザ
カンボ
トヨビュー・トヨフィールド
マンフロット
PHOTOFLEX
MS ハッセルSWCスリットフード
LOREO 商品一覧
販売中のフィルム一覧
防湿庫

メールマガジン
MJ制作室
京都ギャラリー
ENGLISH

買う
大判カメラについて
8ミリをテレシネ変換
プリント関連ソフトウェア
ミニチュアギター発売中
クラカメ探検隊
ライカリペアクラブ
ムービークラブ

ライカカメラジャパン
パートナーショップ



メディアジョイスタッフ募集

ベリサイン認証を採用しているので通販も安心です。
本サイトは日本ベリサインより認証を受け、最高水準のセキュリティー技術を利用しております。クレジットカード番号等はSSL暗号化通信によって保護されますので、安心してお買い物を楽しんで頂けます。


ディーラー認定書



佐川急便荷物 問い合わせ




キヤノン
ニコン
オリンパス
リコー
タムロン
TOYO
コニカミノルタ
コシナ
ペンタックス
フジフイルム
Leica AG
ライカに始まりライカに終わる

市川泰憲(写真技術研究家、日本カメラ博物館)

  市川 泰憲(いちかわ やすのり)
1947年東京生まれ。中学・高校・大学と写真部に所属。1970年東海大学工学部光学工学科卒業。同年写真工業出版社入社、月刊「写真工業」編集長を経て、2009年より日本カメラ博物館に勤務しながら幅広い写真活動を続ける。日本写真協会会員。

■ブログ「写真にこだわる」開設しました
http://d.hatena.ne.jp/ilovephoto/

第十二回「4本の新ズマリットレンズ」
写真1:左から、ズマリットM50mmF2.5、
ズマリットM90mmF2.5、
旧ズマリット50mmF1.5(1949年)、
ズマリットM75mmF2.5、
ズマリットM35mmF2.5
写真2:ズマリットMシリーズ4本の
レンズ構成図
















ライカレンズの名称は明るさによって分けられており、F2ズミクロン、F1.4ズミルックス、F2.8級のエルマー、F1級のノクチルックスなどが良く知られている。ズマリット名は、かつては少数派であったが、近ごろは今回使ったM用の普及タイプ4本と新しい中判一眼レフの「ライカS2」の交換レンズ名にも冠されたりと、複数本でている。そこでズマリットという名の下に共通するのF2.5と刻まれた開放F値であって、一見すると新しいラインナップのようだが、実際は少し異なる感じだ。というのもM型では、既存のM用交換レンズとは別グループに位置しているし、S2では正にこれからの時代を背負っていく新シリーズという感じである。

 ところで僕にとってオリジナルの“ズマリット50mmF1.5”には少しばかり思い出がある。それというのも今から40年ほど前、初めて買ったライカM3の中古についていたのがズマリット50mmF1.5(写真1中央)だったからだ。このレンズは不思議なレンズで、まず手に持つと見た目の寸法よりどっしりと重く、まるで鉛の固まりをつかんだような感じがする。そしてカラーネガで撮影すると、青空が妙に落ちついた色でプリントが仕上がり、さらにモノクロフィルムを詰めて喫煙する知人を絞り開放のアップで撮影したら何か空気が写るような気がした。気がしたというか、そういう写真が撮れるのがお気に入りだった。当時僕は、仕事柄よく会うライカ研究家の中川一夫氏や写真家の柳谷次男氏にいつもライカはイイヨ、イイヨと脳みそにすり込まれていたからでもある。

 さて今回取り上げるズマリットM35mmF2.5、M50mmF2.5、M75mmF2.5、M90mmF2.5の4本(写真1)だが、光学的にはすべて球面レンズで構成されているのがまず特徴だ(図1)。近年のライカレンズというと積極的に非球面レンズを採用して、小型化と高性能化を図っているのに対して好対照だ。なぜ球面だけかということだが、基本的には安価にできることだからだ。光学性能として球面レンズがいいか、非球面レンズがいいかということは難しく、たとえばツァイスのレンズは球面主体で、非球面には積極的ではなく、逆にライカレンズは今回のズマリットを除けば、非球面レンズの採用に大変積極的だ。

 しかし、ここでは球面がいいか、非球面がいいかという論議は別にして、とりあえず実写中心で、限られたコマ数ではあるが実際に写したデータからどのような描写を示すか見ていただきたい。なお、ズマリットMシリーズが発売されたのは2007年であって、2006年にはデジタルのライカM8が発売されているので、ズマリットにはデジタル情報のやり取りのための6ビットコードが装備されている。僕自身は、発売当初M8とM7で撮影してみたが、M8は画面サイズが18×27mmのAPS-H(1.33×)であり、レンズの全画面を知るには少しものたりなっかた。改めてライカ判フルサイズのM9でしっかりと写して見てみるのも意義あることではないだろうかと思う。



(通信販売専門)

営業時間

9:30-18:30

定休日:土日・祝日

お問い合わせ
075-257-5435

※通信販売のみの営業です。

   

メディアジョイトップへ Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.