検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座フォトスナイパー編



このカメラは望遠撮影がライフル射撃感覚で楽しめるロシア製のカメラ、その名も「フォトスナイパー」です。 一式セットのバッグの中身をあけると、カメラボディと標準レンズ、300mmの望遠レンズ、フィルター、ライフル型グリップ、肩あてなどが入っています。
カメラはゼニット122Sで、シャッタースピードがBと1/30〜1/500秒でセルフタイマー付き。フィルム感度はISO16〜640まで。TTL絞り込み測光で、ファインダー内に適正露出、オーバー、アンダーの警告がLEDで表示されます。
標準レンズは58mmF2のMC HERIOS-44M-7。絞りF2〜16、最短撮影距離0.5mのM42マウントです。一方望遠レンズは300mmF4.5のTAIR-35。絞りF4.5〜22、最短撮影距離が3mで同じくM42マウント。フィルターは300mmレンズ用でUV、O、YG、Y1.4、Y1.2の計5枚が入っています。
ピストル型グリップにカメラボディと300mmレンズを取り付け、狙いを定めたら引金を引いてレリーズします。

レンズはこのほかにも標準レンズとしてHERIOS-44M-4、MC HERIOS-44M-4、HERIOS-44M-5、MC HERIOS-44M-5、HERIOS-44M-6、MC HERIOS-44M-6、HERIOS-44M-7、MC HERIOS-44M-7があり、望遠レンズはMC TAIR-3Sがあります。スペックはここで紹介しているものと同じです。

またフォトスナイパーのこれより以前のモデルもあります。基本的なセット内容は同じですが、ボディがZENiT-ES、標準レンズはHERIOS-44-2、望遠レンズがTAIR3-FSとなっています。また革ケースに入れるのではなく金属製のトランクにボディ、レンズなどをネジで固定するようになっていて、こちらの方がより「らしい」作りになっています。詳しくはこちらへ。

では、使い方を見ていきましょう。



NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.