検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座retina3c編



ご覧になるにはQuickTimeが必要です

コダックレチナシリーズ誕生と同時期に、現在最も広く一般に使用されている135フィルム(35mm判パトローネ入りフィルム)が発表され,これがこのシリーズの発展を促進したとも言われています。
シリーズのなかで現在も高い人気を集めているのが1954年発売の3c型で、シリーズ中初の露出計内蔵カメラとなりました。
バリエーションは、露出計窓カバーの有るもの、無いもの、ファインダー窓が大型化されたもの、製造台数わずか120台の再生産ものの四タイプがあります。

●露出計/セノン式単独露出計、高低照度二段切替式
●レンズ/レチナ・クセノン50/F2
●シャッター/シンクロ・コンパー
●シャッター速度/B、1〜1/500
●サイズ/135×87×46mm
●重量/約650g

NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2014(C)mediajoy All Rights Reserved.