検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座konan-16automat編



ご覧になるにはQuickTimeが必要です

今回ご紹介するコーナン16オートマットは、1947年〜48年に生産されたミカ・オートマットをもとにつくられたものです。
もとは甲南カメラ研究所で開発されたもので、これをミノルタに持ち込み、改良化したのがコーナン16オートマットで、1950年に発売されました。

ボディはミノックスと同じプッシュ・プル方式です。
ボディ本体を引き出すと、同時にフィルム巻き上げ・シャッターのセットが行われます。
ただ、本体を引き出してから撮影せずに本体を収めると、空撮りしてしまうことになるので注意が必要です。

また、このカメラには独自のマガジンを用います。
マガジンの内部には、フィルム画面枠と圧着板が付いています。フィルムの日中交換を可能にするため、前方の窓には遮光板が付いています。これにより、撮影途中にフィルムを入れかえることができ、複数の種類のフィルムを同時に楽しめます。

1957年、コーナン16オートマットはミノルタ16に名を変え、ミノルタの16mmカメラシリーズを展開していきます。


NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.