検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座 Icarex 35s編



ご覧になるにはQuickTimeが必要です


イカレックス35は、フォクトレンダーとツァイス・イコンの共同開発によって1966年に発売されたカメラです。両社の資本関係が、このようなカメラが生んだ背景にあるといわれています。(その後、フォクトレンダーとツァイス・イコンは事実上合併しています。)ボディにはツァイス・イコンのロゴが刻印されており、ツァイス・イコンの製品としてあつかわれることが多いのですが、レンズはフォクトレンダーのものが多いことから、実際の製造はフォクトレンダーの工場が担当していた可能性が高いとされています。発売された1966年当時は、ファインダープリズムの交換ができるシステムカメラとして話題をよびました。
機種は全部で4種類で、発売当時のイカレックス35に対し、プリズムを固定してTTL露出系内臓にしたのが今回ご紹介するイカレックス35sです。レンズの着脱方式が特徴で、スピゴット方式というネジとバヨネットの中間のような方式で、70年にねじマウント(M42)が発売され、ボディにはBM(バヨネットマウント)かTM(ねじマウント)のマークが入るようになりました。
それではイカレックス35sを見ていきましょう。


NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.