検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座exakta VX編



ドイツのイハゲー社が世界初の35mm判一眼レフ、キネエクザクタを発売してから15年後の1951年にヴァレックスVXが発売されました。

発売当時、一眼レフはウエストレベルのファインダーが主流でしたが、エキザクタの場合、このヴァレックス以降ファインダーが交換可能になり、ペンタプリズム、ウエストレベルのマグニファイヤ、ステレオ用双眼ファインダーなどのレパートリーを展開しました。
また、このエキザクタマウントは、ドイツを始めとして様々なメーカーが継承しましたが、日本のトプコンではRE系のレンズも使用可能です。このようなあらゆるメーカー製のレンズが比較的安価で手に入り、レンズのレパートリーを楽しめることもエキザクタの魅力のひとつでしょう。

フィルム室内にはフィルムカッターが付いていて、ダブルパトローネを使用する場合に任意の位置でフィルムをカットできます。当時のフィルムが高価であったことをうかがわせます。

スローシャッターやセルフタイマーなど、いたるところにユニークさを持ったカメラです。


NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.