検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座contaflex編



1953年に発売されたコンタフレックスは、レンズ交換ができませんが、前玉を交換することで焦点距離にバリエーションを持たせることができます。また、露出計が付いていないことから、カメラをつぶすことなく、いつまでも使うことのできるカメラだといえます。

レンズはカールツァイス・テッサーのほか、パンターなどいくつか種類があったようです。ちなみにこのページでご紹介しているのはパンターのレンズです。

ミラーで最も普及しているのはクイックリターン式ですが、このカメラは異なった方式を採っています。つまりシャッターを切った後もミラーは上がったままなのです。 これをもとに戻すには、これもまた特徴のあるフィルム巻上げノブを回さねばなりません。すなわち、コンタフレックスのフィルム巻上げノブは、シャッターをチャージするだけでなくカウンター送り・ミラーリターンを同時に行うことができるのです。

翌年に発売されたコンタフレックス2にはセレン式の露出計が組み込まれています。また、後期のコンタフレックス2ではレンズ交換が可能となりました。

また、アクセサリーとして専用ステレオアダプターがあります。


NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.