検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座ニコンS2編




ご覧になるにはQuickTimeが必要です


ニコンS2

s型までのようにI型の改良型ではない、全く新しいニコンカメラとして発表されたのがこのS2です。
同年の8ヶ月前に、新型の「ライカM3」が発売されたため発売予定が大幅に遅れましたが、
フィルムの巻き上げ・巻き戻しに、国産のレンズ交換式35mmカメラとして初めてのレバー式、クランク式を採用するなど
当時としては先進的なカメラでした。なお、レバーはラチェット式の1回巻き上げで、ライカM3の2回巻き上げとどちらがいいか
話題になりましたが、クランク式巻き戻しの迅速さはライカに勝ると評され、やがてライカもラチェット式1回巻き上げになる程でした。
このS2、画面サイズは24x36mmのライカ版になり、ボディーは軽合金ダイカストの採用によって
S型に比べると75gも軽く、なおかつ堅牢に進化しました。
ファインダーは光像式が等倍で採用され格段に明るく見やすくなりました。距離計は従来と同じ一眼式ですが、ファインダー倍率が等倍のため、
従来型に比べて約70%も基線長が伸びており、大きくて明るい距離計像とあいまって、ピント精度は大幅に向上しました。
シンクロ接点がJIS・B型に改められ、タイムラグ可変式であらゆる閃光電球に同調し、ストロボは最高1/50秒で同調します。

当時この新型S2に対する欧米の関心は高く、米国大都市ではライカM3に匹敵する売れ行きで、カメラの輸入が禁止されていた英国でも
雑誌で特集されました。また、フランスでは国内でニコンS2を売っていないので、グラフ誌「パリ・マッチ」では
米国まで出かけて、S2を買っていたといいます。
 
●発売:1954年12月10日
●型式:35mmフォ-カルプレ-ンシャッター式距離計連動カメラ
●画面サイズ:24x36mm
●シャッター形式:横走フォーカルプレーン
●シャッター幕:ゴム引き絹羽二重
●シャッター設定:回転式ダイヤル高低速同軸
●シャッタースピード:T・B・1〜1/1000秒
●シンクロ接点:FP〜X
●ファインダー構成:採光窓式等倍&逆ガリレイ・アルバダ式
●ファインダーフレーム:等倍系・ブライトフレーム50・85・105・135mm
 逆ガリレイ系・全視野28mm・ブライトフレーム135mm
●露出計連動:不可
●フィルム巻き上げ:小刻みレバー
●フィルム巻き戻し:A・Rリング・クランク
●枚数計:手動復帰
●大きさ(ボディーのみ):136x78x43.5mm
●重さ(50mm/F1.4付)700g

各部の説明


基本操作



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.