検索ヘルプ

カメラの本はこちらへ
こんなカメラもある!クラシックカメラ探検隊
カメラの修理・メンテ情報
ムービーカメラ入門
カメラの面白い使い方
大好評メディアジョイカメラグッズ
カメラに関する話題はこちらでどうぞ
  MJカメラトップ ご注文から商品発送までの手順について メディアジョイへのお問い合わせ mediajoyについて 送料について メディアジョイの出版物の情報 サイトマップ 求人・採用情報


クラカメ探検隊
珍しいカメラの使い方講座ニッコールレンズ講座



ニッコールレンズ講座50mm標準レンズ編 ニッコールレンズの名が初めて使用されたのは 1931年に商標登録が出願され、最初の製品は航空写真撮影用レンズで 陸軍に納品された記録が残っています。1935年民生用カメラレンズとして 精機光学研究所(現*キヤノン)初のカメラであるハンザキヤノンに ニッコールレンズが採用されました。
ライカLマウントで供給されたニッコールレンズが世界の報道の現場で活躍 するカメラマンに愛用されたことでニッコールの信頼性は世界中に知られて いくようになりました。

ニコンFマウントは1959年ニコン初のの一眼レフカメラであるニコンFを製造するときに 新たに開発されました。迅速にレンズ交換ができるようにバヨネット式を採用。 将来をみこしてマウント径を大口径に設計されました。ニコンFマウントは1959年の 発売以来基本構造は変わらないため、初期のレンズを現代のニコンFシリーズに マウントすることができます。また逆に最新のレンズをニコンFに取り付けることも 当然可能です。

標準レンズ、魚眼レンズ、広角レンズ、超望遠レンズ、ズームレンズ等 様々な撮影目的に対応するため、種類もおおいのが魅力です

今回はニッコールレンズFマウント標準レンズについてみていきましょう


NEXT



カメラの目次に戻る クラカメ探検隊の目次に戻る
・皈ヌ・」・「・ク・逾、・ネ・テ・ラ、リ ご注文・お問い合わせは075-257-5435
電話受付時間AM10:00〜PM7:00
Copyright by1996-2016(C)mediajoy All Rights Reserved.